風呂敷を使って縦長の箱を包むとき

 

風呂敷を使って四角いものを包むとき、平包みや一つ結び包みなどが使われます。
しかし縦長の箱を風呂敷を使って包む際にはどのような包み方があるのか確かめてみましょう。

風呂敷は正方形になっていますので、その中に十分入るほどの箱であれば巻き包みなどが好ましいでしょう。
風呂敷を広げて中央に箱を置きます。

そして手前部分を箱に巻きつけていきます。
巻きつけ終わったら左右の端を持って中央部分で結びます。
名入れした風呂敷を利用する際には、名入れした部分が上部にくるようにしましょう。

もしも箱が長くて両端が結べないときには紐を使ったロープ包みを利用すると良いでしょう。
箱の縦部分を紐を繋ぎにして結んでいきます。

そして横部分の布は余っているはずなので、うまく紐が隠れるようにして結んでいきます。
この時にも名入れした部分が上にくるようにすると見栄えが良くなります。

この他にもひっかけ包みやバナナ包みと呼ばれる包み方があります。
包むものによって包み方を変えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です